EMILIO PUCCI

EMILIO PUCCI(エミリオ プッチ)のワンピースが気になります!!
プッチは日本でも大人気のブランドですよね。プッチ柄といわれる、鮮やかなプリント、大胆な色彩が魅力的です。
世界中のセレブリティから愛されているエミリオプッチ。マリリン・モンロー、ソフィア・ローレンなどもエミリオプッチファンだったそうです。
エミリオプッチは、ワンピース以外にもお洋服、バッグ、水着、サングラス、財布なども展開されています。水着もとってもかわいいんですよ♪プールサイドで目立つこと間違いなしです!!
エミリオプッチはファッション以外の分野にも力を入れており、ブラニフ国際航空の客室乗務員用の制服、アポロ15号使節団のロゴ、リンカーン コンチネンタル車の内装など数々のデザインを手掛けます。
日本では、2004年に東京銀座店がオープンしましたね。現在では、全国に10店舗展開しています。

エミリオプッチは、ファッションデザイナーのほかにも、空軍のパイロット、政治家、など色んな経歴を持っている人物です。エミリオ・プッチについてとっても興味がわいたので、彼の経歴について調べてみました。
エミリオプッチは、イタリアフィレンツェで有名な貴族の家に生まれます。
ミラノ大学卒業後は、アメリカの大学へ進学し、その後1939年にイタリアに帰国します。大事時世界大戦中にはイタリアの空軍でパイレットを経験。その後、政治家として10年間在籍。
エミリオプッチは、スキーのナショナルチームに所属するぐらいスキーが大好きで、スキーウェアをデザインしました。そのスキーウェアが1947年に有名誌「ハーパーズ・バザー誌」に掲載され、一躍有名になります。
1950年代には、プッチ柄が製作されます。前例のない大胆な柄を発表したことにより、ファッション界の革命児となります。そしてエミリオプッチは「プリントの王子」と呼ばれるほどに。
1960年代までには、シルクジャージーなどの新素材を開発し、技術的にもファッションの先駆者となります。
1990年初頭プッチ柄はまた脚光を浴びます。1992年にエミリオプッチが死去後、プッチの娘、ラウドミア・プッチが父の仕事を引き継ぎ、2008年からは、ピーター・デュンダスがクリエイティブ・ディレクターに就任しました。2000年にはLVMHの傘下に入ります。
2008年からは新鮮なコレクションを発表し、現在も人気が続いています。

このブログ記事について

このページは、adminが2012年3月 7日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「はじめまして」です。

次のブログ記事は「DVF×Gap」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。